HOME > 組合支援策 > 中小企業者のための電子認証制度

中小企業者のための電子認証制度

目     的

 インターネットが広く普及する中で、中小企業者や組合等が情報ネットワークを通じた電子商取引を行う機会が増大していますが、インターネット上での取引や情報通信は、デジタルデータの交換となることから、「成りすまし」、「盗聴」、「改ざん」、「否認」といった問題が発生する可能性があります。ネット上では、取引相手を確認し難いという問題があり、電子文書の作成者を特定するための「電子認証」という仕組みが必要になります。
 このため、中央会では広く中小企業者等における電子商取引等を推進するため、「中央会電子認証サービス」を提供し、中小企業や組合等へより安価な「電子証明書」を発行紙、インターネット上における取引や情報交換の信頼性、安全性の確保を図ることとしています。

活 用 例

 中央会電子認証サービスは、次のような場合にご活用いただけます。
(1) 中小企業間等の電子商取引において、電子文書に電子署名を施すとともに電子証明書で取引相手の確認等を行い、商取引の安全性・信頼性を確保します。
(2) 組合における共同事業に伴う取引文書等の電子化に電子署名を活用し、共同事業の効率化を図ります。
(3) 組合の総会や理事会の電子化、組合運営の書類交換等の電子化を図ります。

お申込みの手続き

サービス内容の詳しい説明や、利用料金などをこちらよりご確認のうえ、ご利用になってください。

お問合せ先  
    〒104-0033
    東京都中央区新川1-26-19 全中・全味ビル
    全国中小企業団体中央会 電子認証サービス係
 

▲ページ上に戻る