組合紹介 米粉の概要 米粉パン紹介 普及活動 Link 問合せ先 home

米粉の特徴と用途

※米粉の種類別の特徴・用途等については、こちらをご覧ください

新潟県は、酵素処理製粉技術・2段階製粉技術により加工性に
優れた新規米粉の開発に成功しました。(新潟県の特許技術)
これにより、新しい利用分野の開発と伝統食品の高品質化を
実現します。
それぞれの技術により製造される米粉の特徴は、
酵素処理製粉技術 細胞壁組織を低分子化させて細胞間の
結着を弱めた結果、微粉化を可能とした。
さらに澱粉が複粒で得られるため、
丸い粒子の微粉になる。
2段階製粉技術 粒度が非常に細かく吸水性が高い。
澱粉の損傷が低く、老化が遅い。
加工品の外観、食感、日持ちが良好となる。
製品歩留りの向上が図られる。
製造した場合、従来製品よりキメ細かな
高品質化が可能。

また
米粉の種類には、
  A.パン用米粉
  B.麺用米粉
  C.ミックス粉(用途)
  D.洋菓子用米粉
  E.アルファー粉
の5種類があります。

※米粉の種類別の特徴・用途等については、こちらをご覧ください

米粉の製造過程


[米粉の特徴] [特徴と用途/製造過程] [製粉工場]
 [米粉パンの特徴]
 [米と小麦のたん白質比較]