<新開発の米粉の特徴と用途>

米粉の種類 平均粒度 特        徴 用        途
A パン用米粉

・酵素処理技術を利用し気流製粉
30-40μm

325-400メッシュ
(200メッシュ/70%〜80%パス)
・活性グルテン・多糖類配合
・グルテン等の他資材との親和性が良い
・安息角が小さい(粒子が丸い形)
・ぬれが大きい(吸水率は低い)
・小麦粉の紛体特性に近い性質を持つ
パン類全般
・クレープ・お好み焼き・ホットケーキ・
 たこ焼き・ピザ等
にも適する
・カリッとタイプのフライ用パン粉用途にも適する
B 麺用米粉

・酵素処理技術を利用し気流製粉
30-40μm

325-400メッシュ
(200メッシュ/60%〜70%パス
)
・活性グルテン・多糖類配合
・安息角が小さい(粒子が丸い形)
・ぬれが大きい(吸水率は低い)
・小麦粉の紛体特性に近い性質を持つ
めん類
・中華・うどん・冷麦・焼きソバ等
 いずれにも
適する
・餃子・シュウマイ等の皮物用途にも適する
C ミックス粉(用途)

・酵素処理技術を利用し気流製粉
30-40μm

325〜400メッシュ
(200メッシュ/70%〜80%パス)
・生地中の米粉密度が高く、風味がひきたつ
・コシが強く夏場でもダレない製品が出来る
・従来の米粉と混合し、種々物性・風味を
有する和菓子製造に適する
ミックス粉類/小麦粉混合
D 洋菓子用米粉

・圧扁ロール及び気流の2段階製粉
20-30μm

500-600メッシュ
(200メッシュ95%パス以上
)
・加工品の外観、食感、日持ちが良好
・吸水性が高く、製品歩留りが向上する
・澱粉のダメージがない
洋菓子類
・ロールケーキ/クッキー
・冷凍流通製品に適する
・米菓(特にうち物に適する)
E アルファー粉

・酵素処理技術を応用し
加熱ロール焼成後製粉
100μm

150メッシュ
・アルファ化の程度が高く、消化吸収性に
優れている
・水や牛乳、湯への分散性に優れ、
ベタつかず口どけが良い
・即席性に優れる(フレーク状シリアル等)
・離乳食・高齢者用バランス栄養食品
・病院食(おもゆタイプ・ペーストタイプ等)
・非常用備蓄食品(乾パンタイプ等)
・スポーツ食品(ドリンク・携帯食品等)
・アイスクリーム用途
・スープ原料・揚げ物用粉・打ち菓子類等