新潟県中小企業団体中央会 > 組合Webサイト > 新潟県漬物工業協同組合 home











新潟の漬物 種類と効能
新潟の漬物 種類と効能 特徴 効能
たくあん漬
日本有数の大根産地である砂丘地「赤塚」。新潟のたくあんは、ここで育った漬物加工に最適と言われる赤塚大根を使用しています。 たくあん独特の歯切れや硬さは、「噛む」効果を一層引き出し頭の働き(知能)を高めます。また、低塩高繊維漬物の代表であり、糖尿病の抑制・制ガン効果があると言われています。
味噌漬
新潟県の一大特産品である越後味噌漬。全国に多くのファンを持ちます。 味噌には活性酸素除去機能やコレステロ−ルを低くする効用があると言われています。また、抗ガン作用のある香気成分(ヒドロキシエチルメチルフラノン)は、しっかり発酵させる越後味噌に多いと言われています。
山海漬
新潟漬物の名を全国に高めた「山海漬」。細断したキュウリ、白ウリ、大根等の浅塩漬に海産物である数の子を加え、様々な香辛料、調味料を混合した酒粕に漬け込む、全国的にも珍しい加工漬物です。 わさび漬に含まれるイソチオシアネートには、ドロドロになった血液をサラサラにし、血栓を予防する働きがあるため悪玉コレステロールを減少させ、動脈硬化や脳卒中を防ぐ効果があると言われています。
にんにく漬
特殊な製法によりニンニクから独特の強い臭気を除き、誰にでも食べやすくした栄養価の高い漬物です。 原料となる塩漬けニンニクには血小板凝集抑制成分メチルアリルトリスルフィドやアホエンが含まれていおり、血栓防止効果が期待されています。
十全なす漬
別名「きんちゃくナス」とよばれる卵型のナスです。皮が柔らかく、果実の充実が特徴で、果肉の甘みは他の品種とは一線を画します。水分量も多くナスを手で握ると水が滴るほどです。 ナスは、体の熱を下げ、せきを鎮めるとも言われています。また、その紫色の果皮は赤ワインなどの色素の素と同じアントシアン系の色素で、ココアなどで話題のポリフェノールが沢山含まれています。